交通事故慰謝料・賠償・後遺障害の相談なら横浜のクロノス総合法律事務所

交通事故慰謝料・賠償・後遺障害の相談なら横浜のクロノス総合法律事務所

《神奈川県弁護士会所属》
横浜市中区山下町74-1 大和地所ビル1108

法律相談は無料です!お気軽にお問い合わせください。

交通事故のご相談電話番号。クロノス総合法律事務所へ045-264-8701

交通事故のご相談電話番号。クロノス総合法律事務所へ045-264-8701

平日:午前9時~午後7時土日祝日:定休日
※土日祝日予めご連絡頂ければ対応致します。

メールでのお問い合わせ 交通事故慰謝料・賠償・後遺障害の相談

HOME> > 労災事故

労災事故

労災保険への請求

仕事中に事故に遭って怪我をしたり病気になったり、不幸にも亡くなってしまった場合には、まず労災保険への請求を考える必要があります。労災保険には以下のような給付がありますので、ご自身がどの給付が受けられるか分からない場合には、当事務所までご相談下さい。給付の内容だけでなく手続き面も含めてアドバイスを致します。なお、通勤災害のケースは、交通事故のご相談とさせていただきます。

① 療養補償給付

業務上の災害によって怪我をしたり、病気になって入院や通院をした場合には、労災保険から治療費等が支払われます。

② 休業補償給付

業務上の災害によって仕事を休んだ場合には、休業補償給付として給付基礎日額の60%の金額が労災保険から支払われます。そのほかに、社会復帰促進等事業の一環として同じく20%の金額が特別支給金として支払われます。

③ 障害補償給付

治療を終えた段階で体に障害が残った場合に、障害の程度に応じて一時金もしくは年金が支払われます。障害等級が1級から7級の場合には年金が支払われ、8級から14級の場合は一時金が支払われます。

④ 傷病補償給付

治療開始後1年6ヶ月以上経過しても治らず、怪我や病気が一定の障害等級に該当する程度である場合に、休業補償給付に代えて傷病補償給付が支給されます。

⑤ 介護補償給付

事故に遭った労働者の方が常時又は随時の介護が必要な状態となり、障害年金などで1級又は2級が認定され、現に介護を受けている場合には、介護補償給付が支払われます。

⑥ 遺族補償給付

事故に遭った労働者の方が亡くなった場合には、遺族の方に遺族補償年金又は遺族補償一時金が支給されます。

⑦ 葬祭料

事故に遭った労働者の方が亡くなった場合には、葬祭料が支給されます。葬祭料は実際に葬儀にかかった金額ではなく「給付基礎日額30日分に31万5000円を加えた額」、この金額が給付基礎日額の60日分よりも低額な場合は、「被災労働者の給付基礎日額の60日分」が支給されます。

弁護士への依頼を考えた方がいいケース

① 重度の怪我を負った場合や亡くなってしまった(死亡事故の)場合

労災保険では、通常の事故であれば認められる慰謝料の給付がありません。そうすると、重度の怪我を負った労働者や亡くなってしまった労働者の遺族が慰謝料の支払いを受けるためには使用者である会社に対して損害賠償請求をするしかありません(会社からお見舞金が支払われることがありますがそれとは別で慰謝料の請求をすることが可能です)。

しかし、もともと自分や自分の身内が勤めていた会社と交渉することはかなり難しいと思います。また、工事現場で下請け会社の社員が事故に遭ったような場合には、元請け会社に対して請求することもできますが、元請け会社との交渉は自分が勤めていた会社との交渉以上に難しいと思います。このような場合には、弁護士に依頼することをお勧めします。

当事務所では、これまで労働者やその遺族の方が十分な補償を受けられるように会社や元請け会社と交渉をしたり、裁判で争った経験がありますので、ぜひ、このような場合にはご相談下さい。

② 労働基準監督署の認定に問題がある場合

過労死や仕事で心因性の疾患にかかってしまった場合は、一見して業務が原因となっているか明らかでないケースが多いため、労災として認定されないというケースがあります。また、怪我の場合でも残った後遺症よりも軽度の障害認定しかされなかったというケースもあります。

いずれも、労働基準監督署の認定を争うために、審査請求、再審査請求という行政手続きを行う必要があります。それでも、納得のいく結果が得られない場合には、裁判を起こすことになります。この一連の手続きは専門的な知識が必要ですし、かなり時間もかかりますので弁護士に依頼することをお勧めします。

当事務所では、これまで様々なケースの労災事故を解決した経験がありますので、ぜひ、このような場合にはご相談下さい。

関連記事

労働災害(労災)の障害等級に納得がいかない場合どうすればいい?

自賠責と労災で認定された後遺障害が一致しないことがある

交通事故で労災保険金を受け取っている場合の控除について 

交通事故で労災保険から休業補償をもらっていた場合に気を付けること

クロノス総合法律事務所(交通事故 弁護士)
今すぐ 無料相談

クロノス総合法律事務所電話番号045-264-8701

クロノス総合法律事務所電話番号045-264-8701

【全国対応】交通事故に強い弁護士が対応致します。
ご心配は無用です。ご安心頂いてお電話下さい。

お知らせ

【交通事故のご相談の重点対応地域(神奈川県全域)】
※横浜や神奈川県内のご相談を重点的に承っていますが、全国対応可能です!

横浜市(鶴見区/神奈川区/西区/中区/南区/港南区/保土ケ谷区/旭区/磯子区/金沢区/港北区/緑区/青葉区/都筑区/戸塚区/栄区/泉区/瀬谷区),
川崎市 (川崎区/幸区/中原区/高津区/宮前区/多摩区/麻生区) ,相模原市(緑区/中央区/南区),
横須賀市,鎌倉市,逗子市,三浦市,厚木市,大和市,海老名市,座間市,綾瀬市,藤沢市,平塚市,茅ヶ崎市,秦野市,伊勢原市,小田原市,南足柄市,
三浦郡(葉山町),愛甲郡(愛川町/清川村),高座郡(寒川町),中郡(大磯町/二宮町),足柄下郡(箱根町/湯河原町/真鶴町),足柄上郡(中井町/大井町/松田町/山北町/開成町),

交通事故に強い弁護士が、慰謝料の増額および後遺障害の認定サポート、示談交渉、裁判など、解決に向けて最大限の条件を獲得します。

© 2017 - 2018 クロノス総合法律事務所|交通事故に強い弁護士