交通事故慰謝料・賠償・後遺障害の相談なら横浜のクロノス総合法律事務所

交通事故慰謝料・賠償・後遺障害の相談なら横浜のクロノス総合法律事務所

《神奈川県弁護士会所属》
横浜市中区山下町74-1 大和地所ビル1108

法律相談は無料です!お気軽にお問い合わせください。

交通事故のご相談電話番号。クロノス総合法律事務所へ045-264-8701

交通事故のご相談電話番号。クロノス総合法律事務所へ045-264-8701

平日:午前9時~午後7時土日祝日:定休日
※土日祝日予めご連絡頂ければ対応致します。

メールでのお問い合わせ 交通事故慰謝料・賠償・後遺障害の相談

HOME> > 交通事故の慰謝料

交通事故の慰謝料を完全解説!慰謝料の相場や、入院や通院した場合の計算なども分かる!

交通事故の被害に遭ったら賠償金を請求することになりますが、その中でも多くの方が気になるのが慰謝料はどれくらいもらえるのかということです。
もちろん、保険会社に慰謝料の請求をするのは当然ですが、保険会社も交通事故のプロですので慰謝料に関する知識をしっかりと持っておく必要があります。

交通事故の慰謝料には「入通院慰謝料」と「後遺障害慰謝料」の2種類があります。また、知っておかなければならいことは、慰謝料には自賠責保険の基準と弁護士基準があるということです。自賠責基準と弁護士基準では金額に大きな違いがあります。なお、任意保険基準といわれることがありますが、これはあくまでも各保険会社の内部的な基準ですので、公開されていませんし、自賠責保険を下回る慰謝料を提示してくることもありますので、基本的には自賠責基準と弁護士基準を理解しておけば問題ありません。

入通院慰謝料(傷害慰謝料)

入通院慰謝料(傷害慰謝料)とは、交通事故の被害に遭って病院に入院したり通院したことに対して支払われる慰謝料です。

後遺障害慰謝料

後遺障害慰謝料とは、自賠責保険で後遺障害の認定を受けた場合に支払われる慰謝料です。

交通事故の慰謝料の計算

入通院慰謝料(傷害慰謝料)

自賠基準

1 治療期間と実通院日数×2の数字を比較します。

2 そのうちいずれか低い方の数字に4,200円をかけます。

3 上記2で計算した金額が自賠責保険の傷害分の限度額である120万円を超えなければその金額が、120万円を超えれば120万円が支払われます。

例えば…
通院期間300日、実通院日数100日の場合
実通院日数100日×2=200日>300日
200日×4200円=84万円
84万円が自賠責基準の入通院慰謝料になります。

弁護士基準

弁護士基準は地域によって多少異なりますが、弁護士基準の入通院慰謝料は、「民事交通事故訴訟損害賠償算定基準」(通称「赤い本」)の別表Ⅰ、別表Ⅱによって計算されます。

基本的には、別表Ⅰを使って通院慰謝料の計算をするのですが、むち打ち症で他覚所見がない場合、軽い打撲、軽い挫傷等の場合には別表Ⅱで通院慰謝料を計算することになります。いずれも入通院期間を基準に入通院慰謝料を計算します。別表Ⅰと別表Ⅱでは、別表Ⅰの方が25%程度、通院慰謝料が高額になります。

例えば…
通院期間300日(10ヶ月)の場合 別表Ⅰ145万円 別表Ⅱ113万円
このように、弁護士基準であれば、通院期間が300日の場合、通院慰謝料は低い方の別表Ⅱで計算しても113万円になり、自賠責保険84万円を大きく上回ることになります。

後遺障害慰謝料(死亡慰謝料含む)

自賠責基準の後遺障害慰謝料は、自動車損害賠償保障法施行令で定めれられた金額が支払われます。弁護士基準の後遺障害慰謝料は、やはり地域によって多少異なるのですが、多くは「赤い本」で定められた金額になります。

自賠責基準と弁護基準の後遺障害慰謝料は以下の表のとおりです。かなりの金額の差があることが分かります。

死亡慰謝料も後遺障害慰謝料と同じように、自賠責基準は自動車損害賠償保障法施行令で定められた金額が支払われます。

弁護士基準も後遺障害慰謝料と同じように「赤い本」で金額が定められています。

事案 自賠責基準 弁護士基準
死亡※ 350~1350万円 2000~2800万円
後遺障害1級 1100万円 2800万円
後遺障害2級 958万円 2370万円
後遺障害3級 829万円 1990万円
後遺障害4級 712万円 1670万円
後遺障害5級 599万円 1400万円
後遺障害6級 498万円 1180万円
後遺障害7級 409万円 1000万円
後遺障害8級 324万円 830万円
後遺障害9級 245万円 690万円
後遺障害10級 187万円 550万円
後遺障害11級 135万円 420万円
後遺障害12級 93万円 290万円
後遺障害13級 57万円 180万円
後遺障害14級 32万円 110万円

※死亡慰謝料は、家族内での本人の立場や扶養家族の有無によって変わってきます。

交通事故の慰謝料の相場

慰謝料は、賠償金の中でも大きな割合を占めますので相場を理解しておく必要があります。慰謝料の金額は、自賠責基準<任意保険基準<弁護士基準の順番で大きくなります。

保険会社は自賠責基準を下回る慰謝料を提示することもありますが、基本的には自賠責基準よりも高い慰謝料を提示します(そうしないと早期に示談できないですからね)。しかし、保険会社は自賠責を上回る慰謝料を提示したとしても、弁護士に依頼しない限り、弁護士基準を超える慰謝料を提示することはまずありません。保険会社が提示する慰謝料の相場は、弁護士基準の5割から7割程度です。そうすると、やはり慰謝料を弁護士基準で支払ってもらうには弁護士に依頼することが必要になります。

また、弁護士に依頼したとしても示談であれば弁護士基準の8割程度でしか支払わないと保険会社が言ってくることもあります。せっかく弁護士に依頼したのに弁護士基準を下回る慰謝料で示談してしまうのは非常にもったないことです。そのような場合には、交通事故紛争処理センター、もしくは裁判で解決すればほとんどのケースで弁護士基準の慰謝料になります。当事務所では、基本的には弁護士基準を下回る慰謝料で示談することはなく、そのような場合は、交通事故紛争処理センターか裁判で解決する方針をとっています。

交通事故の慰謝料増額事例

交通事故の慰謝料は、これまで説明してきたような基準で形式的に計算されることがほとんどですが、事案によっては、慰謝料が増額されることがあります。例えば、加害者が飲酒運転、赤信号無視、ひき逃げをした場合や被害者や遺族に対して謝罪をしないような場合です。

ただし、このような事情があっても示談で慰謝料を増額することは弁護士が交渉をしても難しいことが多いです。なぜならば、保険会社は形式的な基準で計算された賠償金でしか示談しようとしないからです。そのため、慰謝料を増額するような事情がある場合は、裁判で解決する必要があります。裁判であれば、裁判所が個別の事情を考慮して判断することになるため、慰謝料の増額が認められることが多々あります。当事務所では、依頼者の利益を最大化することを目標としていますので、慰謝料増額事由がある場合は裁判で解決する方針をとっています。

慰謝料請求の弁護士費用(弁護士費用特約)について

弁護士に慰謝料の請求を依頼する場合、慰謝料以外の治療費、休業損害、逸失利益といった賠償金の請求を依頼することになります。賠償金の請求の依頼に必要な費用は「弁護士費用」をご確認下さい。依頼者の方にできる限りご負担の少ない費用体系にしております。また、もし被害者ご自身やご家族が自動車保険に加入している場合は、弁護士費用特約がついていないか確認をしてみて下さい。弁護士費用特約がついている場合、300万円までは弁護士費用が保険から支払われますので、依頼者の方のご負担がかなり少なくなります。

交通事故に強い弁護士がいるクロノス総合法律事務所にお任せ下さい

当事務所は、交通事故の被害者側だけで200件以上の解決実績があります。特に、賠償金を最大限に獲得できる裁判で多く解決してきました。裁判になると加害者側は保険会社の弁護士が担当しますので、裁判での争い方を熟知していなければ保険会社側の弁護士と戦うことができません。当事務所では、交通事故の裁判を多く経験してきましたので、裁判での争い方を熟知しております。慰謝料はもちろん賠償金を最大限獲得したい場合には、ぜひ、交通事故の裁判を多く経験している当事務所にお任せください。

慰謝料増額の解決実績

慰謝料増額の解決実績はこちらをご覧ください。

関連記事

慰謝料の増額とは?

残りの賠償金は慰謝料だけではないですよ!

むち打ちで入通院した場合の慰謝料の計算

事実婚の配偶者が交通事故で亡くなったらどうなる?

クロノス総合法律事務所(交通事故 弁護士)
今すぐ 無料相談

クロノス総合法律事務所電話番号045-264-8701

クロノス総合法律事務所電話番号045-264-8701

【全国対応】交通事故に強い弁護士が対応致します。
ご心配は無用です。ご安心頂いてお電話下さい。

お知らせ

【交通事故のご相談の重点対応地域(神奈川県全域)】
※横浜や神奈川県内のご相談を重点的に承っていますが、全国対応可能です!

横浜市(鶴見区/神奈川区/西区/中区/南区/港南区/保土ケ谷区/旭区/磯子区/金沢区/港北区/緑区/青葉区/都筑区/戸塚区/栄区/泉区/瀬谷区),
川崎市 (川崎区/幸区/中原区/高津区/宮前区/多摩区/麻生区) ,相模原市(緑区/中央区/南区),
横須賀市,鎌倉市,逗子市,三浦市,厚木市,大和市,海老名市,座間市,綾瀬市,藤沢市,平塚市,茅ヶ崎市,秦野市,伊勢原市,小田原市,南足柄市,
三浦郡(葉山町),愛甲郡(愛川町/清川村),高座郡(寒川町),中郡(大磯町/二宮町),足柄下郡(箱根町/湯河原町/真鶴町),足柄上郡(中井町/大井町/松田町/山北町/開成町),

交通事故に強い弁護士が、慰謝料の増額および後遺障害の認定サポート、示談交渉、裁判など、解決に向けて最大限の条件を獲得します。

© 2017 - 2018 クロノス総合法律事務所|交通事故に強い弁護士