交通事故慰謝料・賠償・後遺障害の相談なら横浜のクロノス総合法律事務所

交通事故慰謝料・賠償・後遺障害の相談なら横浜のクロノス総合法律事務所

《神奈川県弁護士会所属》
横浜市中区山下町74-1 大和地所ビル1108

法律相談は無料です!お気軽にお問い合わせください。

交通事故のご相談電話番号。クロノス総合法律事務所へ045-264-8701

交通事故のご相談電話番号。クロノス総合法律事務所へ045-264-8701

平日:午前9時~午後7時土日祝日:定休日
※土日祝日予めご連絡頂ければ対応致します。

メールでのお問い合わせ 交通事故慰謝料・賠償・後遺障害の相談

HOME> > 家屋改造費・自動車改造費

家屋改造費・自動車改造費

家屋改造費とは?

家屋改造費とは、後遺障害のためにこれまでに生活をしていた自宅で生活することが困難となった場合や介護をすることが困難な場合に、後遺障害をかかえた被害者が日常生活を送れるようにするためや介護を受けられるようにするために自宅を改造した際に支出した費用のことをいいます。

家屋改造費は、どのような後遺障害でも認められるというものではなく、被害者の受傷の内容、後遺症の程度・内容から必要性が認められ、相当な金額の範囲で認められます。

例えば、事故で下半身麻痺が残り車いす生活になったような場合、車いすで生活をすることを前提に、家の中の段差をなくしてフラットな床にしたり、二階に上がるための昇降機を取り付けたりすることがあります。このような場合には、必要性が認められますので、相当な金額の範囲で家屋改造費が認められます。

家屋改造費は、必要性や金額の相当性を争われることが非常に多いので、自宅を改造する必要があるときは、弁護士へご相談することをお勧めします。

自動車改造費とは?

自動車改造費とは、例えば、下半身麻痺が残り車いす生活になって移動に困難があるような場合に、自動車を上半身だけで運転できるように改造するために生じた費用のことを言います。

もしかしたら、テレビなどで見たことがあるかもしれませんが、下半身麻痺の方は、上半身は自由に動かすことができますので、両手だけで運転できるように自動車を改造することができるのです。改造すれば、ハンドル操作はもちろんのこと、アクセルやブレーキの操作も両手で行うことが可能です。

下半身麻痺の場合は被害者自身が運転することが可能ですが、四肢麻痺のように被害者自身が運転することができないような場合でも自動車改造費は認められます。四肢麻痺の方も定期的に病院に行く必要がありますので、その際に常に介護タクシーを利用するのは費用が掛かります。

家族の介護を受けられるような場合には、家族が運転して被害者を病院に連れていく方が費用は掛かりません。そのような場合には、被害者の方が車いすに乗ったまま自動車に乗ることができるように車内を改造することができます。

クロノス総合法律事務所(交通事故 弁護士)
今すぐ 無料相談

クロノス総合法律事務所電話番号045-264-8701

クロノス総合法律事務所電話番号045-264-8701

【全国対応】交通事故に強い弁護士が対応致します。
ご心配は無用です。ご安心頂いてお電話下さい。

お知らせ

【交通事故のご相談の重点対応地域(神奈川県全域)】
※横浜や神奈川県内のご相談を重点的に承っていますが、全国対応可能です!

横浜市(鶴見区/神奈川区/西区/中区/南区/港南区/保土ケ谷区/旭区/磯子区/金沢区/港北区/緑区/青葉区/都筑区/戸塚区/栄区/泉区/瀬谷区),
川崎市 (川崎区/幸区/中原区/高津区/宮前区/多摩区/麻生区) ,相模原市(緑区/中央区/南区),
横須賀市,鎌倉市,逗子市,三浦市,厚木市,大和市,海老名市,座間市,綾瀬市,藤沢市,平塚市,茅ヶ崎市,秦野市,伊勢原市,小田原市,南足柄市,
三浦郡(葉山町),愛甲郡(愛川町/清川村),高座郡(寒川町),中郡(大磯町/二宮町),足柄下郡(箱根町/湯河原町/真鶴町),足柄上郡(中井町/大井町/松田町/山北町/開成町),

交通事故に強い弁護士が、慰謝料の増額および後遺障害の認定サポート、示談交渉、裁判など、解決に向けて最大限の条件を獲得します。

© 2017 - 2018 クロノス総合法律事務所|交通事故に強い弁護士