交通事故慰謝料・賠償・後遺障害の相談なら横浜のクロノス総合法律事務所

交通事故慰謝料・賠償・後遺障害の相談なら横浜のクロノス総合法律事務所

《神奈川県弁護士会所属》
横浜市中区山下町74-1 大和地所ビル1108

法律相談は無料です!お気軽にお問い合わせください。

交通事故のご相談電話番号。クロノス総合法律事務所へ045-264-8701

交通事故のご相談電話番号。クロノス総合法律事務所へ045-264-8701

平日:午前9時~午後7時土日祝日:定休日
※土日祝日予めご連絡頂ければ対応致します。

メールでのお問い合わせ 交通事故慰謝料・賠償・後遺障害の相談

HOME> > 通院交通費

通院交通費

交通事故の怪我を治すために病院に通院する際、病院までの交通費を通院交通費として保険会社に請求することができます。

ここで注意しておかなければならないのは、タクシーを利用して通院する場合です。タクシーは、電車やバスといった公共交通機関と比べると金額が高くなります。そのため、保険会社も被害者からの申告だけで支払いに応じるということはありませんので、毎回、領収書をもらって保管し、請求の際に保険会社に送る必要があります。

タクシーを利用しての通院交通費でよく問題になるのは、当初、保険会社がタクシーを利用しての通院を認めていたのに、突然、タクシー代は払えないと言って支払いを拒否するというケースです。

交通事故の被害者であったとしても、損害として認められるのは相当な範囲に限定されますので、軽度な怪我しかしていないのに毎回タクシーで通院をするということは、裁判でもなかなか認められません。もちろん、怪我が重篤で公共の交通機関を利用することが困難という場合には、タクシーを利用しての通院は相当な範囲として認められます。

タクシーを利用して通院することが相当であるかどうかは、被害者の方が判断することは難しく、最終的にタクシー代が自己負担になってしまうおそれもありますので、タクシーを利用して通院を継続したいのに、保険会社から支払いを拒否された方は弁護士への相談をお勧めします。

自家用車を利用して通院する場合は、1kmあたりの単価×病院までの距離で計算した金額をガソリン代として請求することができます。1kmあたりの単価は自賠責保険の基準では15円と決まっています。1kmあたり15円よりも高額になる場合は、高い方の金額を請求することもできますが、それを証明できる資料がなければ保険会社は支払いに応じませんので、1kmあたりの単価が15円を超えることを確認できる資料をしっかりと用意して保険会社に請求しましょう。

クロノス総合法律事務所(交通事故 弁護士)
今すぐ 無料相談

クロノス総合法律事務所電話番号045-264-8701

クロノス総合法律事務所電話番号045-264-8701

【全国対応】交通事故に強い弁護士が対応致します。
ご心配は無用です。ご安心頂いてお電話下さい。

お知らせ

【交通事故のご相談の重点対応地域(神奈川県全域)】
※横浜や神奈川県内のご相談を重点的に承っていますが、全国対応可能です!

横浜市(鶴見区/神奈川区/西区/中区/南区/港南区/保土ケ谷区/旭区/磯子区/金沢区/港北区/緑区/青葉区/都筑区/戸塚区/栄区/泉区/瀬谷区),
川崎市 (川崎区/幸区/中原区/高津区/宮前区/多摩区/麻生区) ,相模原市(緑区/中央区/南区),
横須賀市,鎌倉市,逗子市,三浦市,厚木市,大和市,海老名市,座間市,綾瀬市,藤沢市,平塚市,茅ヶ崎市,秦野市,伊勢原市,小田原市,南足柄市,
三浦郡(葉山町),愛甲郡(愛川町/清川村),高座郡(寒川町),中郡(大磯町/二宮町),足柄下郡(箱根町/湯河原町/真鶴町),足柄上郡(中井町/大井町/松田町/山北町/開成町),

交通事故に強い弁護士が、慰謝料の増額および後遺障害の認定サポート、示談交渉、裁判など、解決に向けて最大限の条件を獲得します。

© 2017 - 2018 クロノス総合法律事務所|交通事故に強い弁護士